リールのメリットは手繰る方法と比べ釣り座のスペースを取らないこと、ワカサギを掛けてから引き上げるまで一定速度で巻き上げるので、途中のバラシが少ないことです。
特にシーズン始めの屋形船などは水深が15m前後もあるので、リールが圧倒的に有利になります。